読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都記念回顧

馬券は◎アドマイヤデウスからシンプルに馬連流し。結果は3着。

想定より馬場が悪かったが(不良に近い重)母系に入るBe My Guestを過信しすぎた。

結果できてないと判断したサトノクラウンが勝ち、福永が。。。と嫌ったタッチングスピーチが2着。

予想としてはダメダメだった。

1着マルジュ(ラストタイクーン)2着母父サドラー

終わってみれば簡単だったような。。。

不安視した福永だったが馬を理解していたのか位置取りもいつもより少し前でふかし気味に4角回ってきたところ見るとエリザベス女王杯ルメールよりよっぽどうまかった。

デウスはほぼ完ぺきに乗られていたが1キロ斤量重かったのもあり前の2頭とは格が違った感。

次買っていいタイミングがよくわからない結果に終わった。

去年ほどの充実はもう望めないのかも。。。

サトノクラウンは次走以降はもう少し様子見たほういい。デムーロがかなりうまく乗った感あるしあまり過信していい内容ではない気がする。

タッチングスピーチは相変わらずズブい。それだけに3角から下りがある外回り京都はいい。天皇賞春使ってきたら合いそうな気がしてならない。