読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山記念回顧

ブログ記事にもしたが実力通りの決着。
イスラボニータの中山適性については出遅れプラス折り合い欠いて自爆したため適性うんぬんはわからずじまい。
勝ったドゥラメンテはデビュー以来最高に折り合っていた。
戦前はこちらの自爆を懸念したが自爆どころかコーナーリングなどに成長が見られた。
2着アンビシャスもペースが流れたおかげもあってポテンシャルの高さを見せた。
3着リアルスティールはスケールで見劣るのにセールスポイントの機動力さえ見せれずそれなりに終わった。
折り合い重視はわかるのだが本当福永祐一という騎手は…

本命のロゴタイプは結果前を追いかけ過ぎたが仕方ない内容。
スロー想定だったが予想より前が流れ過ぎた。

今日の条件で勝てなかったのだからリアルスティールは今後ドゥラメンテに勝つどころか馬体を併せてゴールすることすらないだろう。